top of page

原住民文化、客家文化、鄭成功時代、そして日本統治時代を体験できる、台湾中南部の旅!

​行程について

ツアーの提供先            株式会社AIR PLANNING

原住民文化、客家文化、鄭成功時代、そして日本統治時代を体験できる、台湾中南部の旅!


※日本各地発の対応は可能です!行程内容についてもぜひご相談ください。専門のスタッフが柔軟に対応します。

参考フライト情報:日本→高雄;高雄→日本


高雄空港到着後 高雄内観光へ

(全行程専用車/日本語ガイド付き)


原住民文化、客家文化、鄭成功時代、そして日本統治時代を体験できる、台湾中南部の旅!1日目

★専用車で高雄空港までお迎えに伺います。その後、専用車にて高雄市内観光もご案内いたします。フライトの到着時刻に合わせて行程を調整し、午前便到着を想定しています。


★独特な雰囲気をもつ芸術開放空間の「駁二芸術特区」へ

台湾最大の港湾である高雄港に隣接した場所にあり、元々は倉庫街だった場所になります。


★「大港橋」台湾で始めての水平旋回する景観橋梁です

アジアで最長の港を跨ぐ 旋回橋でもあります、3分以内に水平旋回を完了することができます。毎日午後3時に開閉ショーは行われます。


🍴夕食は「来来海鮮」

高雄で絶対食べたいのが海鮮料理! 高雄は港町なので、新鮮で美味しい海産物が食べられると有名な場所なのです。

※夕食後

★「愛河」グルーズにて高雄新ランドマック~高雄流行音楽センターのライドアップ観賞

愛河は高雄の代表的な観光スポットですね。昼の愛河を眺めながらの散策やサイクリング、夜のライトアップされた光景は幻想的。


★高雄の夜市「六合夜市」へ

美味しい海鮮・フルーツ、屋台のバラエティ・数なら六合夜市がおすすめ!


これで1日目が終了~。ホテル宿泊に


原住民文化、客家文化、鄭成功時代、そして日本統治時代を体験できる、台湾中南部の旅!2日目

◆専用車で屏東県に移動します


★台湾原住民文化園区

台湾原住民文化園区は、台湾において原住民族の歴史、文化、伝統を紹介し、保存する施設です。これらの文化園区では、各原住民族の生活様式、伝統的な工芸品、舞踏、音楽、宗教儀式などが展示され、訪れる人々に多様で豊かな文化体験を提供しています。


具体的な原住民文化園区についての情報は変動する可能性がありますが、一般的な特徴として以下のような点が挙げられます:


・伝統的な建築物と展示物: 園区内には各族の伝統的な住居や建造物が再現され、伝統的な工芸品や日用品、装飾品などが展示されています。

舞踏やパフォーマンス: 園区では、原住民族の独自の舞踏や音楽が披露され、来場者に伝統芸能の魅力を伝えます。


・手工芸や工芸品の販売: 園区内には、伝統的な手工芸品や工芸品を販売する店舗や施設があり、来場者はこれらのアイテムを購入することができます。

イベントやフェスティバル: 定期的にイベントやフェスティバルが開催され、これによって伝統行事や儀式が再現され、原住民文化がさらに広く知られるようになります。


・教育プログラム: 一部の文化園区では、原住民文化に関する教育プログラムやワークショップが提供され、訪れる人々が深く学ぶ機会が与えられます。


台湾原住民文化園区は、訪れる人々に台湾の多様性と文化の豊かさを体験させるとともに、伝統や歴史を守り、次世代に引き継いでいくための重要な拠点となっています。


◆専用車にて烏山頭ダム(台南)へ移動します


烏山頭ダムその歴史と背景

烏山頭ダムは、台湾の嘉南大圳の一環として1920年に着工され、1930年に完成した歴史的な水利工事です。このダムは、当初から主に嘉南平原の農業灌漑を目的として建設されました。計画は日本の技術者である八田與一によって策定され、曽文渓支流の官田渓上流に位置し、台南県の官田郷、六甲郷、大内郷、東山郷にまたがる低地を利用しています。大埔渓を集水することで、農業用水を供給しています。また、曽文ダムとの連携により、両ダムは相互に補完し合いながら運用されています。

建設には当時の大倉土木(現在の大成建設)を主とする複数の建設会社が参加し、八田與一の指導のもとで進められました。建設中の大正11年には爆発事故が発生し、50人余りが亡くなり、100人余りが負傷するという悲劇が起こりました。

ダム建設においては作業員の福祉にも注意が払われ、宿舎、学校、病院などが建設されました。爆発事故後、関東大震災が発生し、予算削減のために一部の作業員が解雇されるなどの困難な状況もありましたが、八田與一は再就職先の手配やサポートを行い、有能な者たちが再び仕事に就けるよう努めました。


★八田與一記念館

八田與一(はった よいち、1886年8月15日 - 1942年8月26日)は、日本の技術者であり、主に水利技術者として知られています。彼は台湾での水利事業において重要な役割を果たし、その功績から「台湾の水の父」とも称されています。

主な業績として以下が挙げられます:


・嘉南大圳計画: 八田與一は、台湾の嘉南平原での農業灌漑を目的とした嘉南大圳計画を立案しました。この計画には烏山頭ダムや曽文ダムなどが含まれており、台湾の農業発展に寄与しました。


・灌漑技術の導入: 八田は先進的な灌漑技術を導入し、農業生産性の向上に寄与しました。特に日本やヨーロッパでの最新の技術や知識をもたらり、それを台湾の農業に応用しました。


・土木技術者としてのキャリア: 八田は土木技術者としても優れ、日本本土や他の様々な場所での水利事業にも携わりました。彼の手腕は日本国内外で高く評価されました。


・日中戦争時の活動: また、彼は日中戦争(1937年 - 1945年)時には中国においても水利事業に従事し、中国国民政府の要請に応じて灌漑、治水、飲料水供給などに関するプロジェクトを指導しました。


八田與一はその短い生涯の中で多くの功績を残しましたが、彼は太平洋戦争中に亡くなりました。その後も彼の業績は評価され、台湾では今なお「水の父」として尊敬の対象とされています。


◆専用車にて高雄に戻ります


★美麗島駅

高雄美麗島駅(Kaohsiung Formosa Boulevard Station)は、台湾・高雄市に位置する捷運(MRT)の駅で、美麗島駅(Formosa Boulevard Station)とも呼ばれています。以下は、駅に関するいくつかの特徴です。


・美麗なドーム型出口: 駅の最も特徴的な要素は、美しいドーム型の出口で知られています。このドームは、アートやデザインの要素が取り入れられており、観光名所としても知られています。


・ドームの光のアート: 特に夜間には、美麗島駅のドームは照明によって美しく彩られ、光のアートが楽しめます。多彩な色彩やデザインが駅周辺を華やかに演出しています。


・捷運紅線とオレンジ線の交差点: 美麗島駅は捷運紅線(Red Line)とオレンジ線(Orange Line)が交差する地点に位置しています。この駅は、台湾の捷運網の要所であり、様々な方面へのアクセスが可能です。


・地下モール: 駅周辺には地下モールが広がっており、ショッピングや飲食、エンターテイメントが楽しめるスペースが整備されています。


・近隣観光スポット: 高雄美麗島駅周辺には、観光スポットや歴史的な建築物もあります。近くには高雄市庁舎や中央公園などがあり、観光客や地元住民に人気のエリアです。


美麗島駅は、その美しいデザインとアート、交通の便利さから、高雄市内で訪れる価値のある場所の一つとされています。


これで2日目が終了~。ホテル宿泊に


原住民文化、客家文化、鄭成功時代、そして日本統治時代を体験できる、台湾中南部の旅!3日目

◆専用車で美濃に移動します


★美濃老街 

美濃(みのう)は、台湾・高雄市に位置する地域で、客家人の文化や伝統が豊かに残る場所として知られています。以下は、美濃の魅力についての詳細です。

永安老街: 美濃の永安老街は、歴史的な建物が立ち並ぶエリアで、古い雰囲気が漂います。木造の伝統的な台湾の建物が残り、街を歩くことで古き良き雰囲気を感じることができます。


・住宅街散策: 永安老街周辺は住宅街も広がっており、地元の日常生活や伝統的な文化に触れることができます。街を歩くだけで、地元の人々の生活に触れることができます。


・客家料理店: 美濃は台湾の主要な客家人の集住地域の一つであり、そのため美味しい客家料理が楽しめる場所として知られています。地元の料理店では、炒粄條(炸粄條)などが代表的な料理として提供されています。


・炒粄條: 炒粄條は、米粉や小麦粉を炸って作られた街の名物料理の一つです。香ばしく、サクサクとした食感が特徴で、地元の人々や観光客に親しまれています。


・歴史的な建築物: 永安老街周辺には、伝統的な客家の家屋や建物が残り、その歴史や文化を感じることができます。これらの建築物は、美濃の歴史的な魅力を象徴しています。


美濃は台湾の伝統的な文化や風景を楽しむための良い場所であり、特に客家文化や料理、歴史的な街並みを堪能することができます。


★美濃民俗村

美濃民俗村は、客家文化や伝統的な台湾の文化を紹介し、訪れる人々に様々な体験を提供する場所です。以下は、美濃民俗村で楽しむことができる様々なアクティビティについての詳細です。


  1. 客家料理の体験と味わい: 美濃民俗村では、地元の伝統的な客家料理が楽しめます。訪れる人々は、その場で調理体験を行ったり、美味しい料理を味わったりすることができます。

  2. 工芸品の販売と手作り体験: 村内には伝統的な客家工芸品が販売されています。また、手作り体験プログラムもあり、訪れる人たちは自分で工芸品を作ったり、伝統的な技術を学んだりすることができます。

  3. 伝統芸能の鑑賞: 美濃民俗村では、伝統的な客家の舞踏や音楽などの伝統芸能が披露されることがあります。これらのパフォーマンスは、地元の文化や歴史を紹介する一環として楽しまれています。

  4. 民俗行事とイベント: 村ではさまざまな伝統的な台湾の行事やイベントが開催されます。これには伝統的なお祭りや行事、季節ごとの催し物などが含まれ、訪れる人たちに台湾の豊かな文化を体験させてくれます。

  5. 伝統的な建築物の鑑賞: 村内には伝統的な客家の建築物もあり、これらの建物を見学することで、客家文化や歴史に触れることができます。


美濃民俗村は、そのアクティビティやプログラムを通じて、台湾の伝統的な文化を訪れる人たちに伝える場となっています。


◆専用車で台南に移動します


★赤崁楼(Chihkan Tower)は、台湾・台南市にある歴史的な建造物で、その歴史は古く、様々な文化や時代を経てきました。以下は、赤崁楼にまつわる主な歴史的背景と特徴についての詳細です。


・オランダ時代の創設 (1653年): 赤崁楼は、オランダの植民地支配下で1653年に建設されました。当初はプロビンティア城と呼ばれ、オランダ人によって行政要所として使用されました。


・異なる呼称の変遷: オランダ時代にはプロビンティア城と呼ばれていた赤崁楼は、後に中国人によって「赤崁城」、「番仔楼」、「赤毛楼」といった異なる呼称で呼ばれるようになりました。


・鄭成功の時代 (1661年): 1661年に鄭成功がオランダ人を駆逐し、台湾を明の支配下においた後、彼は赤崁楼を首府と定め、その地位を確立しました。

歴史的な変遷と保存: 明の時代から清の時代、そして日本統治時代を経ても、赤崁楼はその歴史的な風貌をほぼ保ち続けました。歴史の変遷とともに建物は修繕や改修がなされ、現在もその歴史的な価値を証言しています。


・建築様式: 赤崁楼の建築様式は、オランダの影響を受けながらも、中国の伝統的な建築様式も取り入れられています。特に、独特の赤いレンガが特徴的で、その色から「赤崁楼」と呼ばれるようになりました。


赤崁楼は、台南市内で重要な歴史的・文化的なランドマークとして位置づけられ、観光地として多くの訪れる人々に歴史や文化の探求の機会を提供しています。


★延平郡王祠

府延平郡を開拓し、治めた鄭成功(Koxinga)を讃えるために建てられた祠です。以下は、延平郡王祠に関するいくつかの特徴についての情報です。


・建立の背景: 延平郡王祠は、鄭成功が台湾を含む一帯を支配した際に、その治世を讃えるために建立されました。彼は明朝の皇帝から延平郡王の爵位を授与され、これが祠の名前の由来となっています。


・建立年: 延平郡王祠は1669年に建立されました。この祠は、鄭成功が亡くなった後、その後継者である鄭經(Zheng Jing)によって建てられました。

建築様式と特徴: 延平郡王祠の建築様式は、伝統的な福建省の建築様式を反映しています。祠は広い敷地にあり、中庭には祭壇があります。建物は中軸線上に配置され、重厚で格式高い雰囲気が漂っています。


・祭祀と儀式: 延平郡王祠は、毎年鄭成功の忌日や重要な節目において祭祀や儀式が行われます。地元の信仰者や観光客が訪れ、祭りの一環として様々な行事が行われます。


観光地としての役割: 延平郡王祠は歴史的な建築物としてだけでなく、観光地としても人気があります。訪れる人々は、鄭成功の歴史やその時代の文化に触れることができます。

延平郡王祠は、台湾の歴史的な人物である鄭成功を讃える場として、地元の宗教行事や歴史愛好者によって尊重されています。


★林百貨店

創業年: 1932年に創業され、その後も歴史的な建物として存続しています。創業当初から、昭和時代の雰囲気やデザインが店内に取り入れられているようです。

昭和レトロデザイン: 林百貨店の館内は、昭和時代の懐かしい雰囲気やデザインが特徴的です。これは、店内のレイアウトや装飾、商品陳列などに表れている可能性があります。


・商品ラインナップ: お洒落でハイセンスな商品が取り扱われているとのことです。林百貨店は、伝統的な要素とモダンなスタイルを融合させた、独自の商品を提供している可能性があります。


・歴史的な建物: 林百貨店は、歴史的な建物として保存されており、その外観や内部には時代を感じさせる要素が残されているかもしれません。


・観光地としての人気: 台南は歴史的な街であり、林百貨店もその一環として観光客に人気があります。昭和時代の雰囲気を楽しむことができるため、観光地としても注目を集めています。


林百貨店は、歴史的な魅力と共に、昭和時代の雰囲気を感じることができる、特別な場所のようです。


★神農街散策

「神農街」は台南市の代表的な老街(オールドストリート)であり、昼と夜で異なる雰囲気が楽しめる路地です。以下は、神農街での特徴や楽しみ方についての情報です。


・歴史的雰囲気: 神農街は歴史的な建物や伝統的な街並みが残るエリアであり、昼間にはその歴史的な雰囲気を堪能することができます。古い建物や歴史的なストリートが、台南の豊かな歴史を感じさせます。


・昼間の散歩と観光: 昼間には、歴史散歩が楽しめます。古い建物や寺院、伝統的な店舗が点在し、伝統的な台湾の文化や歴史に触れることができます。

古民家カフェめぐり: 神農街周辺には、古民家をリノベーションしたカフェやレストランが点在しています。ここでゆったりとしたひとときを過ごすことができ、古き良き雰囲気を味わえます。


・夜の雰囲気: 夜になると、神農街はライトアップされ、異なる雰囲気が広がります。夜市や飲食店が賑わい、夜の台南の魅力を感じることができます。

伝統的な美食: 神農街周辺には、台湾の伝統的な美食が楽しめる飲食店がたくさんあります。地元の料理やスナックを試してみると、地元の味覚に触れることができます。


神農街は、その歴史的な雰囲気と夜の賑やかさ、美食が融合したエリアで、観光客や地元の人たちに人気のスポットとなっています。


これで3日目が終了~。ホテル宿泊に


原住民文化、客家文化、鄭成功時代、そして日本統治時代を体験できる、台湾中南部の旅!4日目

大満足の台湾中南部3泊4日の旅 ホテルにて朝食後、出発まで自由行動

専用車にて高雄国際空港へ


いかがでしたか?3泊4日の旅行は非常に充実したもので、美しい景色や美味しい料理、そして心優しい現地の方々に恵まれた素晴らしい経験でした。台湾は温かい国柄で、その魅力がたくさん詰まっています。ぜひ、あなたも一度訪れてみてください。

ツアーの提供先            株式会社AIR PLANNING
bottom of page